上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市】被災者が開く祭りきっかけに 中津川と石巻結ぶ支援Tシャツ販売

20110820-shien_t-shirt.jpg

中津川と石巻の絆を染め抜いたTシャツで被災者を応援しよう--
中津川市のボランティア有志が、東日本大震災の復興支援を目的に、自主企画のオリジナルTシャツを発売。注文を受け付けています。

「NAKATSUGAWA together with  ISHINOMAKI」のロゴと両市の名入りスコップを持つ人物をデザインしたTシャツを企画したのは、中津川市手賀野の会社員、横山直樹さん(26)。
横山さんは7月、災害ボランティアの一員として石巻市を訪問。その際、湊小学校災害対策本部から、「中津川の皆さんに、8月7日に開催する被災者手作りの夏祭りを応援してほしい」と頼まれ、手弁当で協力することに。 
ボランティア有志で「石巻湊げんき祭り支援プロジェクト」を立ち上げて祭りの資金援助募金を始め、「両市の絆が"見える"Tシャツを販売して義援金に」という横山さんの提案で、石巻在住のイラストレーターにデザインを依頼。
7日の祭りにはスタッフ全員ができたてのTシャツを着用して中津川の模擬店を出し、五平餅(千本を湯舟沢五平餅が提供)の販売や、和菓子店協賛のビンゴゲームなどで祭りを盛り上げました。
Tシャツ(S・M・L・LL、各2,500円)は注文販売で、1枚につき500円が義援金となり、すでに100枚を受注。
横山さんは「祭りには避難所(湊小学校)を出た被災者が大勢集まり、Tシャツを見て喜んでくれた。『災害への心構えと人の優しさを忘れない』ために、1人でも多くの方に着てほしい」と話しています。

恵峰HN (2011年8月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/39