上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【恵那市山岡町】童心庵新春作品展

恵那市山岡町の林昌寺(宮地直樹住職)で、アトリエ童心庵の新春作品展が開かれています。31日(火、10-16時)まで。
 石粉粘土人形作家としても活躍し、近年は創作紙芝居公演「夜の紙芝居」でも注目を集める宮地住職が、粘土人形の近作約100点を公開。
自身の幼少時代を題材にした「こどもの人形」や、動物などをモチーフにした「てのひらの人形」から広がる癒やしの空間が好評で、8日(日)午後5時から、会場で「夜の紙芝居」の無料上映会を開きます。
宮地住職は「東日本大震災の犠牲となった2万人の方々の供養と、未来への希望を紡ぐために」、千手観音ならぬ2万の手を持つ観音様を製作中。「萬の手プロジェクト」を立ち上げ、粘土、木、布など自由な題材で制作した「手」(横4-6cm、縦7-10cm)を募っています。問い合わせはTEL.0573(56)2089、Email:JIKIJU@aox.jp

恵峰HN (2012年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/82