上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市付知町】付知中学校緑化少年団による裏木曽古事の森育林作業

付知中学校緑化少年団による裏木曽古事の森育林作業

中津川市加子母の加子母裏木曽国有林「裏木曽古事の森」で、付知中学校の1年生が育林作業を行いました。
重要文化財など貴重な木造建築物の修理に使用する樹木を育てる「古事の森」は全国に10カ所あり、加子母裏木曽国有林もその1つ。
伊勢神宮式年遷宮のご神木をはじめ、姫路城の芯柱、最近では名古屋城本丸御殿再建に使われるヒノキも産出しています。森の育成には、平成16年に発足した裏木曽古事の森育成協議会(三浦八郎会長)があたり、今回の育林作業も主催。同町優良材生産研究会、同町森林組合、東濃森林管理署が指導に協力しました。
10月15日には、52人の生徒が2班に分かれ、カマを使った下刈り作業と、遊歩道へのウッドチップ敷作業を交替で実施。
一人ずつチェンソーによる丸太切りを体験し、自分で切った丸太の輪切りを持ち帰りました。

恵峰HN (2012年11月17日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/195