上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市】タイで自分の絵と再会 第一中学校3年片田龍靖君 タイの子供の絵が公開中

タイで自分の絵と再会

中津川市市民国際交流事業「中学生タイ研修」に参加した第一中学校3年の片田龍靖君(14)=中津川=が、訪問先のタイで7年前に描いた自分の絵と再会。帰国後、交換で中津川に来たタイの子供の絵が見つかり、一般公開されています。

片田君が東小学校2年の時描いたパワーショベルの絵は平成17年、民間国際交流でタイに寄贈。換わりに届いたタイの小学生の絵が、東小学校に展示されていました。
2007年、海外派遣事業の関係者から、自分の絵がバンタートの小学校に飾られていることを聞いた片田君は、「ぜひ再会し、現地の子供たちに力を入れてきた中津川歌舞伎を紹介したい」と、中学入学以来毎年、タイ研修に応募。
3度目の挑戦でつかんだ6日間の研修の2日目、宿泊先のホテルでバンタートの小学校長と面会。タイに送る前に撮った絵の写真を見せると、翌日、滞在先に持ってきてくれたのです。
自分の絵が、今も大切に飾られていることに感激した片田君は、帰国直後、「東小学校にもタイの子供たちの絵があるはず」と問い合わせましたが行方不明。交換を仲介した松田前教育委員長らに協力を得て探していたところ、ようやく校内で7枚が見つかりました。
タイの子供の絵は、中津川駅前の同市にぎわいプラザ1階フリースペースに今月いっぱい展示中。片田君は「絵があってよかった」と笑顔を見せていました。

恵峰HN (2012年10月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/185