上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市瀬戸】ボウリングで全国2位

ボウリングで全国2位中津川市瀬戸の会社員、吉村直人さん(47)が、福岡市博多レーンで開かれた「第28回 全日本年齢別ボウリング選手権大会」40代の部で2位に輝きました。
吉村さんが本格的にボウリングを始めたのは、富士通テンに入社した18歳の時。運動神経抜群で負けず嫌いの吉村さんが、同僚に負けたことがきっかけでした。
4年で恵那峡ボウリング場のナンバーワンになり、土岐ボウリング場に進出。専属プロなどにアドバイスを受け、3年でトップに立ちました。
以来、国体で6回入賞し、一昨年の千葉国体では4人チームで全国優勝。
平成18年の全国都道府県対抗選手権大会では全国最高のスコアを出し、チーム・総合とも優勝しました。
年代別選手権大会では30代でも2位を獲得。「あと3回チャンスがある40代ではぜひ頂点に」と意気込んでいます。
県ボウリング協会常任理事・東濃支部長を務める吉村さんが力を入れているのが、ボウリングの普及。「国体・マスターズの正式種目となっている数少ない"スポーツ"にも関わらず、"遊び"と考えている人が多いのが残念」と、ドリラー(ボウルに穴をあける技術資格)の中でも、全国に50人ほどしかいないブロンズを取得して奉仕。
「選手層が薄い分、全国大会に手が届きやすい競技。年齢、経験にかかわらず、多くの人にボウリングを楽しんでほしい」と呼びかけています。
問い合わせはTEL.0573-25-4385恵那峡ボウリング。

恵峰HN (2013年4月 6日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/234