上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市蛭川】杵振り踊り

杵振り踊り「杵(きね)振り踊り」(県重要無形民俗文化財)で知られる安弘見神社の例大祭が14日、中津川市蛭川で行われ、今年初めて、小学生の杵振り踊りが披露されます。
前夜祭の13日には午後7時ごろから同神社境内で恵奈手筒会による手筒花火打ち上げ。
当日は早朝から青年・子供・厄年や女性の花みこしが練り歩き、呼び物の杵振り踊りは午後0時30分、蛭川総合事務所前を出発。
赤、青、黄色の笠を被った若者たちが、長さ65cmほどのカラフルな杵を手に、勇壮な踊りを繰り広げながら神社へ向かいます。
さらに今年初めて、蛭川小4年生が、昨年、総合学習で取り組んだ杵振り踊りを境内で披露。
午後3時30分ごろクライマックスを迎えた後、花馬が石段を駆け上がり、花取り、もち投げで華やかにフィナーレを飾ります。問い合わせはTEL.0573-45-2211蛭川総合事務所。
写真は、恵那路に春を告げる杵振り踊り

恵峰HN (2013年4月 6日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/233