上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市付知町】「広報つけち」放送開始

「広報つけち」放送開始
地域の安全・安心を守ろうと住民自身が構築した県内初の地域情報無線「広報つけち」(付知地域情報無線伝達システム)が1日開局。全世帯の90%近い約1700世帯で導入され、好評を得ています。
2年前、付知町まちづくり協議会と区長会が無線による情報提供についてのアンケート調査を実施したところ、80%以上が希望。
地域の情報をより細やかに伝え、市が発信する防災情報を正確・迅速に伝達できるよう、委員会を設置して取り組んできました。
しかし、総務省が認可する防災行政無線は1市1局に限られるため、電波法に触れないアナログ方式で認可を取得。
付知B&G内のNPOつけちスポーツクラブに管理・運営を委託し、付知中学校体育館内に基地局を開設しました。
内容は▽行政情報の伝達事項▽各団体からのお知らせ▽訃報▽町民から寄せられたイベント情報など。NPO職員がアナウンスし、朝・夜2回の定時放送で紹介。
必要に応じて、夕方の臨時放送や、市の防災無線から送られた情報を中継して各家庭の戸別受信機から流す緊急放送を実施します。
同委員会では「地域情報無線を導入している地域では、市の警告が出る前に避難して人命を守るなど、人的災害が最小限に抑えられている。将来は全世帯で受信できるよう整備したい」と話しています。

恵峰HN (2013年9月21日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/294