上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

【中津川市】中津東が全国大会出場

中津東クラブが全国大会出場

15,000チームの中から勝ち抜いた51チームが熱戦を展開する
 "小学生の甲子園"と言われる「高円宮賜杯第33回全日本学童軟式野球マクドナルド・トーナメント」に、中津川市の「中津東クラブ」(廣瀬健太郎主将、小川和雄監督)が初出場。中津川市内のチームとしては初の快挙に、地元では、選手が通う東小学校のグラウンドに横断幕を掲げ、盛り上がっています。
東小の1--6年生31人が所属する同チームは結成21年目で、市内では春季・新緑大会ともに12回優勝。
昨年は中京少年野球大会で優勝し、東濃予選を勝ち抜いて出場する同トーナメント県大会でも、過去最高のベスト8に進出しています。
今年の県大会では、1回戦15点、3回戦17点と大量得点してコールド勝ちし、決勝戦で昨年優勝した金竜クラブと対戦。1点の僅差で制して初優勝し、全国大会出場を決めました。
4試合で6本のホームランを飛ばすなど長打力のある打線と、コントロール抜群のエース・二村洸生選手(6年)の投打がかみ合った好チーム。
廣瀬主将は「夢が実現してうれしい。出るからには優勝を目指したい」と抱負を話しています。

恵峰HN (2013年7月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/275