上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2014年
  • 法人会女性部があす「秋の中山道まつり」で南木曽町土石流災害義援金づくりのバザー 女川町の特産品廉売や不用品バザー、袋物展示販売など多彩に【中津川市】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

法人会女性部があす「秋の中山道まつり」で南木曽町土石流災害義援金づくりのバザー 女川町の特産品廉売や不用品バザー、袋物展示販売など多彩に【中津川市】

法人会女性部があす「秋の中山道まつり」で南木曽町土石流災害義援金づくりのバザー 女川町の特産品廉売や不用品バザー、袋物展示販売など多彩に

中津川法人会女性部中津ブロック(今井紀世子ブロック長)はあす2日、中津川市街地で開かれる「秋の中山道まつり」で、「手作り品の展示販売とバザー」を開催。収益金を南木曽町土石流災害の被災者に贈ります。
「隣町を今できることで支援しよう」と企画したもので、午前9時から、同市新町の喫茶「縹」駐車場で、東日本大震災で被災した宮城県女川町の物産を販売。
「サンマの昆布巻き」や復興の象徴「女川カレー」、三陸ワカメなどを市価より安く販売するほか、9時30分から不用品バザーを開催。手作りスウィーツの販売や子供の遊びのコーナーもあります。
エチゼンヤ隣の新町休憩所では、手作りのバッグなどを展示即売。名古屋市在住の布花作家・K・マサコさんを迎え、材料代実費で参加できる「親子手作りコーナー」を開設します。午後3時まで、完売次第終了。

恵峰HN (2014年11月 1日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/435