上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

癒詩(いやし)作家・伊藤一樹さんが来店【恵那市岩村町】

癒詩(いやし)作家・伊藤一樹さんが来店

全国で個展、講演活動を展開している癒詩(いやし)作家・伊藤一樹さんのアトリエ兼ギャラリー「約束の樹」が、恵那市岩村町の古い町並み(国指定重要伝統的建造物群保存地区)にオープン=写真。28--30日午前10時--午後6時、披露の作品展が開かれます。
春日井市出身の伊藤さんは7年前、「言葉にいのちを輝かす力」があることに気づき作家活動をスタート。独自の筆文字で表現する「心癒やす言葉の世界」が評判を呼び、土岐市内のギャラリーを拠点に活動してきました。
そうした中、恵那の温かさにひかれて新たな拠点を探していたところ、岩村城下町まちなみ保存会の後藤俊彦会長が、「活性化につながれば」と同町新町に所有する空家を無償で提供。
先月、転居して創作に励む伊藤さんは、「心が軽くなる言葉に触れに、ぜひいらしてほしい」と話しています。詳細は伊藤一樹さんホームページで。TEL.0573(32)1455。

恵峰HN (2014年11月15日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/438