上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

80歳で夢かなう 「中山道落合姫宿の会」発足祝し落合の風景テーマに絵画展【中津川市本町】

80歳で夢かなう 「中山道落合姫宿の会」発足祝し落合の風景テーマに絵画展

「中山道落合姫宿の会」発足を記念する油彩画展が、中津川市本町の中山道お休み処「白木屋」で始まりました。29日まで。
作者の栗本君代さん(80)=落合=は、歴史の道・十曲峠(国史跡)に住んで60年。数年前から落合公民館の歴史教室で学び、「知ればしるほど奥深い」中山道の歴史に感動。
「地元、落合宿の素晴らしさを女性パワーでアピールし、全国、世界の人々に知らせたい」と願うようになりました。
その手始めとして取り組んだのが、落合宿を描くこと。趣味の油絵で地元の名所を表現し、"中山道サポータークラブ"の発会を夢見てきました。
それが実現したのは5月26日。栗本さんの呼びかけに賛同した地元女性6人で「中山道落合姫宿の会」(紺野みえ会長)を発足。近隣の宿場町と連携し、中山道の魅力を紹介していくことになったのです。
"初仕事"となる作品展には、本陣、上田屋などの史跡を描いた油彩画10点を展示。
栗本さんは「次は中津川宿の名所に挑戦。リニアでやってくる観光客にぜひ、中山道を歩いてほしい」と元気いっぱい。

恵峰HN (2014年6月 7日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/378