上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

牧野さんが地元で退職記念展【中津川市神坂】

牧野さんが地元で退職記念展
中津川市神坂の牧野文夫さん(63)が10月1日から、地元の同市地域活性化センター「湯舟の館」で退職記念の油彩画個展を開催します。7日まで。
牧野さんはJR東海に勤務していた24歳の時、地元出身で現在フランス在住の洋画家水上貴博さんに師事。水上美術研究所で10年余り洋画を学び1984年、第1回中津川市美術展で最高の市展賞を受賞。全国公募の行動美術展で連続入賞し、現在は行動美術展会員、中津川市美術家協会理事、市民展審査員などを務めています。
定年退職後は画業に専念し、昨年、中電ギャラリーで初の個展を開催。今回は地元の人々に、その作品と、地元神坂の風景を描いた作品を見てもらおうと企画しました。
会場には行動美術展に出品した作品や今年出品する作品など人物をモチーフにした心象風景の大作や、馬籠・神坂から見た恵那山など、神坂の風景を描いた作品計約40点を展示する予定。
牧野さんは「生まれ育った風土を見直す意味で、初めて地元の風景を描いてみました。新たな人生のステージの出発点にしたい」と話しています。午前10時--午後6時。

恵峰HN (2014年9月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/416