上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2014年
  • 被災・移住者の須田さん「恵那峡展望台 三陸屋」オープン 「石巻焼きそば」や「幻の三陸わかめ」など販売【中津川市蛭川】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

被災・移住者の須田さん「恵那峡展望台 三陸屋」オープン 「石巻焼きそば」や「幻の三陸わかめ」など販売【中津川市蛭川】

被災・移住者の須田さん「恵那峡展望台 三陸屋」オープン 「石巻焼きそば」や「幻の三陸わかめ」など販売

東日本大震災で被災した須田裕司さん(63)=恵那市大井町=が、故郷の名物「石巻焼きそば」や「幻の三陸わかめ」などの海産物を販売する「恵那峡展望台 三陸屋」を恵那峡北岸(中津川市蛭川)にオープンしました。
津波で壊滅状態となった石巻商店街で飲食店を経営していた須田さんは、財産と仕事を失い、妻の実家がある瑞浪市に移住。一昨年、同市にオープンした農産物直売所内に惣菜店を開きました。
好評を受けて、恵那峡展望台の店舗をリニューアルし、麺に魚介のエキスを練り込んだ人気の焼きそばから定評のある石巻水産の缶詰まで販売。須田さんは「石巻の海産物を食べることで、おいしく復興を支援してほしい」と話しています。TEL.0573(45)3233。

恵峰HN (2014年9月 6日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/409