上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2015年
  • 中津川市の家庭ごみ排出量二年連続ワースト1の汚名を返上しよう!ゴミゼロの日のあす、第1回"ごみ活"「みんなでゴミを考えよう!53井戸端会議」【中津川市】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

中津川市の家庭ごみ排出量二年連続ワースト1の汚名を返上しよう!ゴミゼロの日のあす、第1回"ごみ活"「みんなでゴミを考えよう!53井戸端会議」【中津川市】

中津川市の家庭ごみ排出量二年連続ワースト1の汚名を返上しよう!ゴミゼロの日のあす、第1回"ごみ活"「みんなでゴミを考えよう!53井戸端会議」

"2年連続、家庭ごみの排出量ワースト1"の汚名を返上しようと、中津川市民と行政が協力して「8万人のごみ活♪」をスタート。「護美の日」のあす3日、六斎市会場でごみ拾いの後、初の「みんなでゴミを考えよう!53井戸端会議」を開催します。
中津川市民1人が家庭で1日に排出するごみの量は平成24、25年度、県内最多。24年度は881グラムで、県平均より136グラム多く、ごみ処理費用は10億2千万円。市民1人あたり1万2千360円負担していることになり、こままでは15年後に処分場が満杯になってしまいます。そこで同市は昨夏、市民・事業者・有識者・行政で構成する「中津川市ごみ減量検討市民会議」を設置。全市一体となってごみへの意識を高め、効果的な施策を行おうと取り組んでいます。
今回は、そのメンバーで市民グループ「地球まるまるはっぴい計画」の代表を務める村下美奈子さん=太田町=らが呼びかけ、行政と協働で「ごみ活」を実施。その第1回としてあすの催しを企画したものです。
あすは午前10時、アピタ中津川店前の洋菓子店「ピエダピエ」(えびす町)隣の小公園に集合。六斎市会場内のゴミ拾いを行った後、午後1時から、中山道歴史資料館会議室で「53井戸端会議」を実施。環境課の出前講座の後、ごみ減量について意見を交わします。
6月以降は毎月六斎市でブースを出す予定で、FBでも「ごみ活」中。詳細はwww.facebook.com/c.marumaru.h.k

恵峰HN (2015年5月 2日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/492