上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

上矢作中の1年生が歯磨剤作り【恵那市上矢作町】

上矢作中の1年生が歯磨剤作り

自分好みの歯磨剤を作る授業が、恵那市上矢作中学校で行われました。 
同中学校では毎年6月、歯と口の健康週間にちなみ、学級担任と学校歯科医が連携して「歯と口の健康づくり」の授業を行っており、今年も17日、全学年で実施。
このうち1年生16人は、歯磨剤作りを通じて、含まれている成分や働きを知り、日常生活でどのように活かしていくかを考えました。
初めに学校歯科医が、歯みがきの歴史や歯磨剤の成分、効能について説明。近年、むし歯予防を目的にフッ化物を配合した歯磨剤が増え、世界中で利用されていることなどを学んだ後、オリジナルの歯磨剤作りに挑戦しました。
生徒らは、基本の6種類の成分を混ぜ合わせたものをベースに、バニラエッセンスやミントなどを加え、思い思いの色や香りを付けて、好みの歯磨剤を完成。それを使って歯みがきを行いました。
男子生徒の1人は、「歯磨剤が自分で作れるなんてびっくり。これからはイメージだけでなく、成分にも注意して、フッ化物が入った歯磨剤を選びたい」などと話していました。

恵峰HN (2015年7月 4日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/509