上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

きょう20日の旭陵祭巨大シャボン玉に入り、全国出場の研究成果に触れよう!【中津川市中津川】

きょう20日の旭陵祭巨大シャボン玉に入り、全国出場の研究成果に触れよう!
きょう20日とあす21日、中津高校(中津川市中津川)で開かれる「旭陵祭」文化の部で、自然科学の全国大会出場を前にした理科部が研究成果を披露。巨大シャボン玉に入ってもらうパフォーマンスで、科学の魅力をアピールします。午前9時から午後2時。
理科部の3年生、成瀬巨基さん(17)=かやの木町=と、岩木晃要さん(17)=加子母=は、昨年度の「県高等学校総合文化祭」自然科学部系部活動研究発表交流会の科学部門で優秀賞を受賞。7月30日--8月1日、滋賀県で開催される「全国高等学校総合文化祭」への出場を決めました。
研究テーマの「光の干渉を用いたシャボン膜の計測」に取り組んだきっかけは、一昨年の旭陵祭で巨大シャボン玉を作ろうとして失敗したこと。
2人は、シャボン膜の厚さがちがうと、反射して強め合う光の色が違うことに着目し、シャボン膜の厚さを計測することで「割れないシャボン玉を作る条件」を探究。予算がない中、ペットボトルや百円均一の家庭用品を活用して実験を繰り返し、グリセリンを入れると膜が厚くなることなどを科学的に証明しました。
その成果を分かりやすく伝えようと、旭陵祭で、宇宙服のヘルメット大のシャボン玉を制作。「機材がなくても工夫次第でさまざま実験ができることが分かり、ますます科学が面白くなった」という2人。「ぜひシャボン玉に入り、科学を身近に感じてほしい」と呼び掛けています。
写真は、後輩に中に入ってもらい"巨大シャボン玉"のリハーサルをする成瀬さん右と岩木さん。

恵峰HN (2015年6月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/507