上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2015年
  • 恵那市武並町竹折のNPO「里山を守る会武並」たいれいロードパーク内に「つつじ回廊」をオープン【恵那市武並町】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

恵那市武並町竹折のNPO「里山を守る会武並」たいれいロードパーク内に「つつじ回廊」をオープン【恵那市武並町】

恵那市武並町竹折のNPO「里山を守る会武並」たいれいロードパーク内に「つつじ回廊」をオープン

太霊道跡地を活用したまちづくりに取り組む恵那市武並町竹折のNPO「里山を守る会武並」(柳河瀬(やながわ)登理事長)が4月18日、たいれいロードパーク内に「つつじ回廊」をオープンしました。
同会は平成21年から、地元出身の宗教家・田中守平が故郷に建設した太霊道恵那総本院跡地(約1万7千平方メートル)を整備。鏡の池や落差30メートルの滝の滝周辺に遊歩道やハス田を作り、公園化して無料開放。JRさわやかウォーキングのコースに選定され、近くの小学校、認定こども園の行事にも活用されています。
さらに3年前から、約300株のツツジが自生するエリアに、柔らかな腐葉土の感覚を楽しみながら散策できる遊歩道を整備。ゲートを立てて一般公開したものです。
式典では渡邊飰三前理事長と、本年度就任した柳河瀬理事長がテープカット。完成を祝いました。同会では「一年を通して貴重な植物が見られるので、ぜひ訪ねてほしい」と呼びかけています。

恵峰HN (2015年5月 2日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/490