上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

「防災士なかつがわ会」が中津川署などと協力し、子供向け防犯紙芝居制作【中津川市】

「防災士なかつがわ会」が中津川署などと協力し、子供向け防犯紙芝居制作

中津川市内の防災士有志でつくる「防災士なかつがわ会」が、中津川警察署、中津川地区防犯協会と連携し、子供向けの防犯紙芝居を制作しました。
同会は防災をはじめ、特殊詐欺や危険ドラッグ防止などを啓発する「自分の身は自分で守る紙芝居」を制作。さまざまな場所で上演し、好評を得ています。
今回は、過去6年間に市内で目撃された不審者情報に基づき、ガード下や空家、建築現場など、危険な場所をピックアップ。1人で歩かない、危険な時は大声を出すなど、身を守る方法を紹介しています。
会員の杉山照仁さんが作画し、生活安全課が監修。安心安全まちづくりリーダー養成講座で紹介し地域の活動に役立てもらうほか、教育委員会の了解を得、学校教育にも取り入れられる予定です。
紙芝居は3組制作し、会員が希望に応じて上演するほか、貸し出しにも応じます。問い合わせは090-7676-6804事務局吉村さん。

恵峰HN (2016年2月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/580