上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

「ワールドすしカップ」で7位入賞のアメリカ人寿司職人が恵那で腕振るう【恵那市大井町】

「ワールドすしカップ」で7位入賞のアメリカ人寿司職人が恵那で腕振るう
世界中のすし職人が集まる「ワールドすしカップ」で昨年7位に入賞したアメリカ人、ホルヘ・ディオニチオさんが、
23、24両日、恵那市大井町の「中山道のみ処 おか」で、自慢の腕を披露します。午後7時-9時。
店主の岡田康裕さん(45)とは4年前、アメリカで知り合って以来交流。ディオニチオさんは、日本人が米国で経営するすし店で修業し、ニューヨークで経営する店は、本格的な江戸前にぎりずしを出す高級店として全米に知られています。
「ワールドすしカップ」には今年で3年連続出場。「日本人の客に食べてもらい、感想が聞きたい」というディオニチオさんの要望で、18、19両日、東京で開かれる「ワールドすしカップ」の後、恵那市を訪れ、交流会を開くものです。
参加は予約のみで、満席になり次第締め切り。参加費は「おまかせ」で5,000円と、ニューヨークの店の4分の1以下。
岡田さんは「ペルー生まれでの楽しい人柄で、もちろん腕は超一流。席は残りわずかなのでお早めに」と話しています。問い合わせはTEL.0573(25)2403。

恵峰HN (2016年8月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/636