上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2016年
  • 坂本龍馬生誕180年に合わせ拝殿新築 坂本龍馬神社で10日に創始10周年、拝殿竣工記念奉祝大祭"龍馬で良縁"【中津川市千旦林】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

坂本龍馬生誕180年に合わせ拝殿新築 坂本龍馬神社で10日に創始10周年、拝殿竣工記念奉祝大祭"龍馬で良縁"【中津川市千旦林】

坂本龍馬生誕180年に合わせ拝殿新築 坂本龍馬神社で10日に創始10周年、拝殿竣工記念奉祝大祭"龍馬で良縁"

龍馬神社で良縁を...中津川市千旦林の坂本龍馬神社が龍馬の生誕180年に合わせて拝殿を新築。10日午前11時から、創祀10周年、拝殿竣工記念奉祝大祭が営まれます。
同神社は平成18年、龍馬を敬愛する坂本八幡宮宮司(当時禰宜)の千村康秀さん(43)が、全国で唯一、龍馬をご神体とする佐川龍馬神社(高知県)から分霊を受け、龍馬没後140年にあたる19年9月1日、自宅敷地内に建立。
全国2番目の龍馬神社として毎年、龍馬の命日にあたる12月10日(旧暦11月15日)に大祭を営み、全国から龍馬ファンが訪れています。
さらに龍馬と言えば薩長同盟を仲介したいわば「縁結び」の達人で、初めて新婚旅行をした日本人としても有名。「龍馬で良縁」を求めて参拝する人も多く、龍馬のイラストがついたお守りも好評で、隠れたパワースポットになっています。
千村宮司は、龍馬の生誕180年、神社の創始10周年に合わせて、念願だった総檜の拝殿(約20平方メートル)を新築。当日午前11時から神事が営まれ、宮司の姪で坂本小学校3年の千村愛苗さん(9つ)が巫女舞を奉納。式典後、参拝者にごへいもちと豚汁を振る舞い交流します。 
来年1月1日-3日は初詣客に甘酒を振る舞い歓談の場を提供。千村宮司は「龍馬神社を介して、人と人との良いご縁が広がってほしい」と話しています。問い合わせはTEL.0573(68)8040、ホームページ(http://www5.plala.or.jp/Luna-cmr-Golden/)。
P=千村宮司(右)と巫女舞を奉納する千村愛苗さん(坂本龍馬神社拝殿で)

恵峰HN (2016年12月 3日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/678