上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

セルプかみやはぎまつり 音頭も披露【恵那市上矢作町】

セルプかみやはぎまつり 音頭も披露

15日午前9時45分から午後2時、恵那市上矢作町の指定障害福祉サービス事業所・セルプかみやはぎで、「第15回 セルプかみやはぎ作業所まつり」が開かれます。
同施設は、「社会福祉法人ウエルトピアきょうどう」が運営し、現在20人が通所。食品加工・木工品製造・縫製などの作業を通じて、地域生活を営むための能力の向上・維持・学習に努めるほか、グループホーム・ショートステイなど5つの事業を展開しています。
まつりは、町民有志でつくる実行委員会が中心となって毎年開催しているもので、健康に配慮した菓子や真空パックの「炭火焼き岩魚」、地元の五平もち、ゴーバルのフランクフルトなどグルメ満載。
上矢作小学校児童の和太鼓演奏を皮切りに、栃・ヨモギの入った餅つき(10時30分-)やチャリティーバザー(11時-)が行われ、11時40分からのステージでは、毎回、大人気のアンパンマンショーや保育園児の演技を披露。元上矢作小学校教諭がつくった「セルプ上矢作音頭」の踊りが発表されます。
午後1時20分からは豪華景品が当たる大抽選会。問い合わせはTEL.0573(47)2711。
写真は、来場を呼び掛ける通所者

恵峰HN (2016年5月 7日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/600