上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

恵那市中野方町の坂折棚田で29日、棚田コンサート「御陣乗大鼓」【恵那市中野方町】

恵那市中野方町の坂折棚田で29日、棚田コンサート「御陣乗大鼓」(輪島市文化財)

「日本の棚田百選」に認定されている恵那市中野方町の坂折棚田で29日、都市と農村交流施設「棚田なごみの家」の完成を記念する棚田コンサートが開かれ、輪島の伝統芸能「御陣乗(ごじんじょう)大鼓」(石川県無形文化財)が来演。きょう15日から、棚田の畔道に約1,000個のLEDライトが灯され、幻想的な風景を描きだします。
NPO法人「恵那市坂折棚田保存会」(田口譲理事長)は、地元で「全国棚田サミット」が開かれた平成15年以来毎年、棚田コンサートを開いていますが、今回は笠周地区連携事業の一環で、地元のまちづくり団体で組織する実行委員会として主催。サミットがきっかけで、日本初の世界農業遺産・白米(しろよね)千枚田(輪島市)の地元で受け継がれている「御陣乗大鼓」の公演が実現したものです。
御陣乗大鼓は、武器を持たない村人が上杉謙信の軍勢に攻められた際、樹皮で作った面と髪に見立てた海藻を付け、大鼓を打ち鳴らして鎌や鍬で応戦。勝利を収めたのが始まりとされ、素足で火の粉を浴びながら太鼓を打ち、それぞれの面に合わせて舞を演じる大迫力の伝統芸能。
公演は(1)午後3時30分からと(2)5時からの2回で、棚田音頭、めれた囃子など地元の伝統芸能も披露されます。

『当日はシャトルバスで』
当日、会場への自動車の乗り入れはできないため、午後2時恵那駅発、同6時会場発各1本と、午後2時30から随時、特設駐車場-会場間のシャトルバスを運行。駐車料金は無料です。詳細はHP(http://sakaori-tanada.com/)、問い合わせはTEL.0573(23)2032同保存会。

「棚田なごみの家」
棚田広場にオープンした「棚田なごみの家」は、大小会議室と「棚田カフェ ペンペン草」を備えた都市と農村交流施設。会議室は半日500円(10人以下)-1日(30人以上)3,000円でレンタル。棚田カフェでは、モーニング、おにぎり定食(450円)などのほか、地元の旧家伝来の漆塗り本膳で味わう「棚田御膳」(1,000円、1,500円、5-10人、予約制)が楽しめます。

恵峰HN (2016年10月15日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/662