上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

あいうべ体操【中津川市茄子川】

あいうべ体操

"口の筋トレ"で鼻呼吸に変わり健康増進に役立つとされる「あいうべ体操」。その考案者でみらいクリニック院長・内科医の今井一彰さん=福岡市=が11日午後2時から、中津川市の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホールで講演します。入場無料。
できるだけ大きく口を動かし「あ、い、う、べー」と言うだけの簡単な体操ですが、舌の位置が上がって上あごに付くようになり、鼻呼吸になるのが特長。 
ウイルスなどが体内に入りにくくなり、舌や口周りの筋肉を鍛えることで高齢者の誤嚥を予防。今井さんは多くの患者に接するなかで日本人に多い口呼吸が身体にさまざまな悪影響を及ぼすと確信。この体操を考案して普及に努め、マスコミでもたびたび紹介されています。
今回は同市東宮町のやまうち小児歯科(山内哲哉院長)が30周年記念事業として企画し、市や中津川商工会議所、中津川歯科医師会などの後援で開催。来場者に練習カードと口テープを進呈します。

▽東小、中津川幼稚園などでは子供たちが実践
同市東小学校では昨年後半から、保健委員会が中心となりクラスごとに「あいうべ体操」実践。朝の会などで行っている=写真=ほか、昨年11月には隣接する中津川幼稚園に保健委員が出向き、歌に合わせて園児らに指導。以来、同園では毎日給食の前に実施し、この冬インフルエンザにかかった園児はいませんでした。今井さんは講演翌日の12日、東小学校を訪問。全校児童に体操の意義や健康の大切さを伝えます。

恵峰HN (2017年6月 3日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/735