上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

リハビリセンターありんこキッズ 子供たちの可能性を広げる【中津川市茄子川】

リハビリセンターありんこキッズ 子供たちの可能性を広げる

学習、運動の遅れ、集団生活への適応に課題のある未就学児と家族を支援する民間施設「リハビリセンターありんこキッズ」が中津川市茄子川にオープンしました。
同市で、7歳-18歳を対象とする「放課後等デイサービス」を行っている「おひさま」(藤井真也代表)が、福祉サービスが手薄になる就学後に備え、専門的な発達支援を行ってほしいというニーズに応えて開設。
運動、言葉、社会性などに不安がある子供と家族を、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や、経験豊富な専門家がサポート。1人ひとりに合った療育・リハビリを支援することで、子供たちの可能性を広げます。
対象は恵那・中津川両市在住の0-6歳児と家族。市の受給者証が発行されれば、おやつ代程度で利用できます。
2月末の内覧会では、最新の設備が整いデザイン性にも優れた施設内を関係者に公開。藤井代表は「公立小学校児童の約6パーセントは、広汎性発達障害、学習障害などで、特別な配慮が必要だといわれています。早期発見し適切な指導を受けることが自信や成長の喜びにつながるので、ぜひ、相談してほしい」と話しています。問い合わせはTEL.0573(68)5353。

恵峰HN (2017年3月18日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/706