上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

観光農園「ブルーベリーの丘 ホピ」【恵那市三郷町】

観光農園「ブルーベリーの丘 ホピ」

恵那市三郷町に、80種類、約1,000本のブルーベリーを栽培する観光農園「ブルーベリーの丘 ホピ」がオープンしました。元大手旅行会社社員の足立正博さん(60)が、"アフター60"の生き方を模索し、10年がかりで準備してきた集大成。同年代の人々と情報交換したいと、あす2日午後3時--5時、園内の「ホピの小屋」を開放し「大人の交流会」を開きます。参加無料。
「退職後も、体が動く限り働きたい」と考えてきた足立さん。兼業農家の長男に生まれ、長年米づくり家業を手伝ってきましたが重労働。そこで自身が関わってきた旅行業の経験を生かし、「健康的でおしゃれな」ブルーベリー観光農園を経営しようと、徐々に転作。人気の大粒品種を中心に6月-9月まで収穫できるよう様々な品種を植栽。4年前、早期退職して本格的に取り組み、受付「ホピの小屋」も自身で施工しました。そしてついに6月24日、オープン。時間無制限、食べ放題、大人1,500円(小学生700円)で営業を始めました。ホピの小屋では、土日限定でこだわりのかき氷、ジュエラート、スムージー、ジャムやコーヒーなどを販売。さらに「自然を生かしたもてなしで喜んで頂きたい」とピザ窯を製作中で、日本みつばちの飼育にも取り組む足立さん。「第二の人生の生き方について、多くの方々と語り合いたい」と、あすの交流会への参加を呼び掛けています。問い合わせはTEL.090-2181-6455。

恵峰HN (2017年7月 1日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/741