上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

14日、ぎふ村地域支え合いセンターで「コミュニケーションマージャン大会」

14日、ぎふ村地域支え合いセンターで「コミュニケーションマージャン大会」

タワシ大の牌(ぱい)を使う話題のニューゲーム「コミュニケーションマージャン」の大会が14日、中津川市茄子川のぎふ村地域支え合いセンターで開催。参加者を募っています。
2人1組、計8人で、相談しながら楽しむのが特徴で、ルールは至って簡単。チームで進めるため自然と会話が生まれ、認知症や閉じこもり予防にも最適です。
重さ約240グラムの大きな竹製牌(10センチメートル×7センチメートル×5センチメートル)を動かすことで軽い運動にもなるため、社会福祉協議会などを通じて全国39都道府県に普及しています。参加費は本格コーヒー付き、400円。担当の鈴村さんは「麻雀の経験がない方でも十分楽しめます。ぜひ体験してほしい」と参加を呼び掛けています。申し込み、問い合わせはTEL.0573(68)5211。

恵峰HN (2017年9月 2日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/764