上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

クラウドファンディング活用し、「本や+α」オープン【中津川市下野】

クラウドファンディング活用し、「本や+α」オープン

文化の象徴とも言える本を介して学び・楽しめる場、地域の世代間交流の拠点となる「本や+α」が14日、中津川市下野にオープンします。運営するのは地元の女性たちで、資金集めにはクラウドファンディングを活用。誰でも気楽に訪れ、安心して過ごせる「第3の居場所」を目指します。
きっかけは、旧福岡町内で唯一営業していた書店の廃業。地域からまた1つ、文化の拠点が消えてしまうことを残念に思った塾講師の高木亜麻子さん(29)らは、国道257号沿いの空き店舗で、皆が集い、さまざまに活用できる「本や+α」を始めようと企画。
内装や本の購入などに必要な資金の一部は、インターネット上で賛同者に寄付を募るクラウドファンディングで調達。地域の人々の応援を受け、開店にこぎつけました。
「本や+α」が目指すのは、古書を売買するだけでなく、読書や勉強、デスクワークができ、時には会話も楽しめる"たまり場"的空間。映画上映会や高齢者の脳活、アナログゲームや各種講座なども予定しています。高木さんらは「『行って良かったと』思っていただける、本や人との出会いの場にしていきたい」と張り切っています。

恵峰HN (2017年5月 6日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/722