上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

木村光秀造佛處作品展【中津川市加子母】

木村光秀造佛處作品展

仏師僧・木村光秀(こうしゅう)さん(54)の作品展が13日から3日間、中津川市加子母万賀の造佛處で開かれます。入場無料。
名古屋市出身の木村さんは小学6年生の時、担任教師に勧められて読んだ松久朋琳著「仏像彫刻のすすめ」の影響で仏師をめざし芸大に入学。その後、朋琳の弟子に入門し、独立後は仏師一筋に歩んできました。
しかし12年前、「人様が拝む仏像を自分が拝んでいない」ことに気付き、付知町の寶心寺の徒弟となって高野山に入山。「時代を経ても、きちんと拝んでいただける作品を残したい」と、僧侶となった上で仏像彫刻に取り組んでいます。
昨年は8年ぶりに名古屋市で個展を開催。そこまで足を運べなかった人のために自宅アトリエで、作品を紹介するもので、新作の聖観音、不動明王両像から制作中の等身大仁王像まで10点ほどを展示。約100本の彫刻刀や30本近いのみなど、使用している道具も公開し、仏像が作られる工程を紹介します。
13日は午後1時-8時、14日は午前10時-午後8時、15日は午前10時-午後5時ごろまで。問い合わせはTEL.090-9932-6571。

恵峰HN (2017年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/682