上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

ラフティングで地域活性 木曽川に新しいウエーブ(波)を!【中津川市坂下】

ラフティングで地域活性 木曽川に新しいウエーブ(波)を!
木曽川に新しいウエーブ(波)を!
世界中で人気が高まっているアウトドアウォータースポーツ・ラフティングのベース(拠点)が 中津川市坂下の64カフェ内に誕生。4月1日、2日の両日、体験会を開きます。
ラフティングとは、専用の大型ゴムボートに乗り、乗客が力を合わせて急流を漕ぎ下るレジャースポーツ。スリルや興奮、大自然を満喫する爽快感が醍醐味で、国内でも各地に広まっています。
坂下ベースは、やさか地区(山口・坂下・川上)の観光を盛り上げようと、64カフェの畑佐宗平オーナー(56)が企画。修学旅行生など年間7,000人が利用する名門「アルプスぼうけん組楽部」(今牧嗣昌社長、本社長野県飯田市)に協力を得、やさか観光協会の後援で実現したものです。
64カフェから乙姫岩下流までの風光明媚なコースで、帰りは小型バスで搬送。浦島伝説に彩られた乙姫岩がそそり立つ神秘的な絶景が、間近に見られるのも木曽川ラフティングの魅力です。
客を乗せて川下りをするラフティングガイドを務めるのは、ライセンスを取得し、同組楽部でガイドとして活躍している畑佐オーナーの二男・征希さん(23)=写真=ら。
体験会は両日、(1)午前9時-正午(2)午後1時-4時、参加費は中学生以上3,000円、小学生2,000円(通常7,500円、6,000円、保険料含む)です。
畑佐オーナーは「インバウンドの集客や連帯感を育む学校教育の一環など、さまざまな方面に活用していただきたい」と話しています。
詳細問い合わせ、申し込みはTEL.0573(75)5540、64カフェ。

恵峰HN (2017年3月18日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/709