上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

加子母の安江さん、日本一うまい米選ぶ「米-1グランプリ」で優勝!【中津川市加子母】

加子母の安江さん、日本一うまい米選ぶ「米-1グランプリ」で優勝!

北海道磯谷郡蘭越町で開かれた「米-1グランプリinらんこし」で、中津川市加子母の安江政和さん(63)が栽培した「いのちの壱」がグランプリを受賞。"日本一うまい米"に選ばれました。
兼業稲作農家の安江さんは、妻の寿江さん(62)と協力し、仕事の傍ら約1ヘクタールを耕作。「安心して食べられる、おいしい米をつくりたい」と、有機肥料を使って減農薬栽培してきました。
しかし地元では年々農家が減り、安江さんの水田も半分は耕作放棄地。そこで加子母の米が高品質であることを立証し、地域の農業振興につなげようと、昨年初めて、山形県で開かれた「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテストin庄内」に応募。ミルキークイーンという品種で、4位に入賞しました。
そこで今「銀の朏(みかづき)」のブランド名で販売され好評の「いのちの壱」でエントリー。全国から応募した333品の中からベスト36に選ばれ、決勝トーナメントに進出。審査員が食べ比べて味、香り、つやなどを判定し、安江さんの米が"日本一"に輝いたものです。
北海道知事から表彰され、地元マスコミでも大きく報じられた安江さん。「加子母の米がおいしいことを知ってもらう、いい機会になりました。農家の励みになり、農業に携わる人が増えてくれればうれしい」と喜びを語っていました。
写真は、米を販売する「道の駅 加子母」で笑顔の安江さん。

恵峰HN (2017年1月 3日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/681