上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

"アラ還"自転車でアラスカ・カナダ 4320km走破 中神正晴さん【恵那市大井町】

"アラ還"自転車でアラスカ・カナダ 4320km走破 中神正晴さん

恵那市大井町の中神正晴さん(58)が自転車で2カ月半かけ、アンカレッジ(米・アラスカ州)からバンクーバー(カナダ)まで4320kmを走破しました。
中神さんが44歳の時、当時中学生だった長男(27)が1人で四国八十八カ所を自転車遍路。高校時代は北海道まで自転車旅行をしたことに刺激を受け、「いつかは自分も」と考えてきました。  
そこで体力・気力ともリミットと感じた今年、58歳でリタイヤ。ゴールデン・サークルと呼ばれ、世界の観光客が集まるアラスカ湾沿いの山道を走ろうと計画。
6月、分解した自転車やテント・寝袋・飯盒などを持参して渡米しました。
アンカレッジを振り出しにホワイトホース(カナダ)、スキャグウェイ(アラスカ)まで走った後、フェリーでカナダの港湾都市プリンス・ルパートへ。ジャスパーからはカナディアン・ロッキー観光のゴールデン・ルートと言われるアイスフィールド・パークウエイを走ってバンクーバーに到着。キャンプ場で自炊・寝泊りしながらひた走り、1日最高、150kmを走破しました。
「カナダ建国150周年で、国立公園の入園料がすべて無料。素晴らしい景観や出来事を逐一ネットにアップし、家族や友人に報告した」と中神さん。「アラスカでハイイログマに遭遇した時には、通りかかったトラックの運転手が、自転車ごと荷台に乗せて助けてくれるなど、とにかく人が優しいことに感動。体力気力ともに充電できた」と話していました。

恵峰HN (2017年11月18日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/790