上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

安弘見神社御神米お田植えの儀 「縁結び」植える【中津川市蛭川】

安弘見神社御神米お田植えの儀 「縁結び」植える

杵振り踊りで知られる中津川市蛭川の安弘見神社に奉納する御神米の「お田植えの儀」が、蛭川和田地区で行われました。
同神社氏子総代会(小川征男会長)が、平成26年、皇居の新嘗祭に献上した米を栽培した澤木忠幸さん(66)の水田で、一昨年から毎年実施。
御神米は大祭のほか、神社で行われる厄年祓いの記念品として使われ、わらはしめ縄に利用されます。
5月28日には、神社関係者と敬神婦人部のメンバー30人が参加。神事の後、そろいの法被、早乙女姿で、3アールの水田に入り、「ご縁を大切にしたい」という思いで選んだ「縁結び」の苗を、1株1株丁寧に植えつけ豊作を願いました=写真。

恵峰HN (2017年6月17日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/738