上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2018年
  • 「ロンロン会」が26日の「図書館マルシェ」で、著作者直伝のエプロンシアター(登録商標)披露【恵那市長島町】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

「ロンロン会」が26日の「図書館マルシェ」で、著作者直伝のエプロンシアター(登録商標)披露【恵那市長島町】

「ロンロン会」が26日の「図書館マルシェ」で、著作者直伝のエプロンシアター(登録商標)披露

恵那市中央図書館のサポーターらで結成した「ロンロン会」(椙村明子代表、4人)が26日、同図書館で開催される「図書館マルシェ」で、著作者・中谷真弓さん直伝のエプロンシアター(登録商標)を披露します。
エプロンシアターは、エプロンに背景とマジックテープを縫いつけ,ポケットから取り出した人形などを貼り付けながら演じる人形劇。
椙村代表(68)=中津川市千旦林=らは3月3日、東野コミュニティセンターで開かれた講習会に参加。中谷さんから直接、魅力的に演じるこつなどを学び、同会を結成。4月16日には椙山代表が、同図書館の「おはなし会」で2題を演じ、大好評を博しました=写真。
26日(10時--15時)は中学生ボランティアも加わり、随時、会場内で上演。椙村代表は「会場が一体になって楽しめるエプロンシアターを各地で上演し、子供たちに夢を届けたい」と話しています。TEL.0573(25)5120同図書館。

恵峰HN (2018年5月19日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/848