上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

岩村町の隆副崇院 "7年に一度"の石室千体仏ご開帳記念で稚児行列【恵那市岩村町】

岩村町の隆副崇院 "7年に一度"の石室千体仏ご開帳記念で稚児行列
恵那市岩村町一色の隆崇院で、4月29日に行う稚児行列の参加者を募っています。
4月22日-5月6日、同寺が管理する石室千体仏(市指定史跡)で"7年に1度のご開帳"が行われるのを記念するもので、午前10時から岩村コミュニティセンターで受け付け。参加費5,000円(おみやげ付)で、希望者には略着物(500円)、しごき帯(300円)を貸し出します。
同寺は、歴代岩村城主や、尾張藩から岩村藩に嫁いだ釣姫の菩提寺として知られ、数多くの文化財を所蔵。天井には、室町時代初期の狩野派の絵師が手掛けたとされる90枚の天井絵があり=写真、岩村城主松平乗寿(のりなが)が建立した石室千体仏には、金箔が施され1001体の阿弥陀仏が安置されています。
御稚児は500人になり次第締め切り。問い合わせはTEL.0573(43)3261隆崇院。

恵峰HN (2018年3月17日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/824