上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

カーネーション12000鉢栽培【中津川市加子母】

13日の「母の日」を前に、約30種類1万2千鉢のカーネーションを栽培する中津川市加子母の「ますだ農園」では、生産者の三浦綱彦さん(62)、ちえ子さん(54)夫妻が出荷作業に追われています。
花が好きな三浦さん夫妻は長年、花の苗を生産していましたが、「咲いた花を扱いたい」と10年前、カーネーション栽培に転向。春にカーネーションを出荷できるよう10月に植え付けています。
温暖な気候に適したカーネーションは気温が10度以下になる11月から暖房。経費も手間もかかりますが、「色とりどりで香りもいいカーネーションに触れているだけで幸せ」と、大切に育てていいます。
消費者に届いてから花が咲くよう、つぼみが多いうちに出荷。同市千旦林のちこり村では、送料無料、メッセージカード付2,860円から全国各地にお届け。菓子やちこり焼酎などとのセットもあります。問い合わせはフリーダイヤル0120(880)433。

恵峰HN (2018年5月 5日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/839