上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

9月7日 明知鉄道で「おもひで列車」【恵那市】

9月7日 明知鉄道で「おもひで列車」

介護予防事業のニーズが高まる中、その運営をサポートする「高齢者健幸生活支援隊」が恵那市に発足。9月7日と11日、明知鉄道の列車内で懐かしい歌を歌って青春に帰る「おもひで列車(うたごえ列車)」を運行します。
高齢化で介護予防事業のニーズが高まる一方、多くの自治会が運営に苦慮。そこで、うたごえ喫茶などを主催している同市岩村町の田口修さんが健康体操、音楽療法の講師など15人の協力を得て、高齢者健幸生活支援隊を結成。 
同市のまちづくり市民活動補助金を受け、介護予防事業、いきいきサロン活動等のノウハウを提供するもので、今年度中に、市内の全13地域でサロンを開催します。さらに、介護予防に役立つ各種講師を取りまとめ、派遣事業も展開。さまざまな角度から、主催者をサポートします。
「おもひで列車」は回想法を兼ねた活動の一環として行うもので、7日は午前10時、明智駅に集合。恵那駅までの車中、ギターの伴奏に合わせて懐かしい名曲の数々を合唱。中山道広重美術館を見学後、午後2時40分に明智駅に戻ります。参加費は弁当代含め2,800円。  
11日は午前10時、恵那駅に集合し、明智駅までの車中で合唱。大正村を散策して自由に昼食を取り、午後2時45分に恵那駅に戻ります。参加費1,800円。
申込みはTEL.090(4798)0798田口代表、または恵那市内各振興事務所、振興室で名簿に記入。田口代表は「6月に運行した"うたごえ列車"=写真=が大好評で、楽しんでいただけること請け合い。多くの方に参加して頂く一方、介護予防事業での困りごとは何でも相談してほしい」と呼びかけています。

恵峰HN (2018年8月 4日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/870