上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ! 広告のことならプラスクリエイション

ゴルフで認知症予防?!【中津川市・恵那市】

ゴルフで認知症予防?!

国立研究開発法人「国立長寿医療研究センター」(愛知県大府市)が3月、ゴルフが高齢者の認知機能を向上させるとする共同研究の結果を発表。適度な運動量とプレー中の思考が認知症予防につながるというもので注目を集めていますが、それを実証しているのが、恵那市・中津川市などの愛好家でつくる「プラチナ会」(田中征衛会長)のみなさん。
前会長で顧問の代田全史さん(85)=同市茄子川=が実質的創設者で、遠くは名古屋市までの男女25人が所属し、平均年齢65歳。今年、発足32年目を迎えました。  
8月3日に90歳を迎える鈴村富治さん(89)=中津川市千旦林・写真左=を筆頭に、87歳が2人いて、4番目が86歳の松葉利夫さん=恵那市長島町中野・写真右。 
皆、100前後の腕前で、心身共にいたって健康。毎月第4水曜日、中津川市蛭川の明智ゴルフ倶楽部ひるかわゴルフ場で開かれるコンペを楽しみにして、欠かさず参加しています。
「ゴルフをしたいがためにウオーキングをし、食事に気を遣うなど、努力を惜しみません」という皆さん。「健康と友人が何よりの財産。月1回のコンペが"最高のサプリ"です」と笑顔を見せていました。

恵峰HN (2018年7月21日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/867