上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

創建100年迎えた坂下秋葉神社であす人形供養祭 供養した人に先着で「令和小判」進呈【坂下】

20190601akibajinjya.jpg
今年創建100年を迎えた中津川市坂下の秋葉神社=写真=であす2日、例大祭と人形供養祭が営まれます。
同神社は大正9(1920)年、"火防ぎの神"として信仰を集める秋葉山本宮秋葉神社(現静岡県浜松市)から分霊を受け、現在の本町に創建。当時、地元の繁華街で大火が続いたことから、地域住民が協力して建立したもので、現在は"ご利益"で有名な出雲福徳神社と同じ場所に遷座。毎年、6月の第一日曜日に、例大祭と人形供養が行われています。
あすは午前8時30分から人形供養が行われ、子供の成長を見守ってくれた人形をはじめ、財布、ダルマ、結納品など燃えるものを供養。供養した人に先着で限定販売の「令和小判」(合金製、なくなり次第終了)=写真下=を進呈します。
例大祭は午前10時からで、神事の後餅投げがあり、防火・災難除けのお札が受けられます。


恵峰HN (2019年6月 1日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/986