上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2019年
  • 2月9日、大正村浪漫亭に、10種類の栗スイーツが賞味できる「恵那南カフェ」がオープン 28日前売りチケット販売【恵那市明智町】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

2月9日、大正村浪漫亭に、10種類の栗スイーツが賞味できる「恵那南カフェ」がオープン 28日前売りチケット販売【恵那市明智町】

2月9日、大正村浪漫亭に、10種類の栗スイーツが賞味できる「恵那南カフェ」がオープン 28日前売りチケット販売
2月9日、恵那市明智町の大正村浪漫亭に、10種類の栗スイーツが満喫できる1日限りのカフェ「恵那南カフェ」がオープン。28日午後1時30分から午後3時、同施設前で前売りチケットを販売します。ドリンク付、1200円(税込)。
恵那南高校(明智町)の全校生徒が、恵那市と恵那川上屋(本社・大井町)の協力を得、平成28年度から取り組んできた6次産業学習の集大成。生徒らは枝の剪定から収穫、皮むき、商品企画まで体験し、すでに甘露煮とタルト、モンブラン、ロールケーキが商品化。大正村浪漫亭で販売し、好評を得ています。
今回はさらに、栗きんとんチョコ、マカロンから栗饅頭、焼きたてのポットパイまで、生徒が考案し、恵那川上屋が製品化したスウィーツを加え、10種類をワンプレートで提供=写真。チケット制で(1)午前11時(2)午後1時(3)同3時の3回に分け、各40人限定で実施します。3年の原田未夢さん(18)と宮良仁香さん(18)は、「高校生のアイデアから生まれた一味違う栗菓子をぜひ味わって」と呼びかけています。

恵峰HN (2019年1月19日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/925