上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

伊藤一樹さん後援会が発足 設立総会で書のパフォーマンス【岩村町】

20190406itoukazuki.jpg
心の書画家・伊藤一樹さん(38)=恵那市岩村町在住=の講演会が発足。3月21日、地元の岩村コミュニティセンターで設立総会が開かれました。伊藤さんは(春日井市出身)は、事業の失敗を機に、自分を励ます言葉を書画で表現するように。評判になりましたが、間もなく重度のパニック障害を発症。平成26年、後援会の発起人で会長を務める後藤俊彦さん=岩村町=から重伝建地区内にある空き家の提供を受け、工房兼常設ギャラリーを開設。復帰後は、闘病生活の中で気付いた「当たり前の生活の中にある幸せ」などをテーマに創作活動を続け、学校や企業などで幅広く講演。ミラノ万博などに出展して好評を博し、昨年、名古屋城本丸御殿で開催した10周年記念展には、1万3000人が来場しました。後援会には、すでに県内外の約200人以上が入会。設立総会では、後藤会長らの挨拶に続いて伊藤さんが講演。「多くの方々と出会い、支えていただいたおかげで、やっと書画家としてのスタートラインに立つことができた」と話し、畳大の木板に気迫あふれる筆致で「道~ 一人で歩いているようで 皆に生かされている私の人生」と書き上げると、会場全体が大きな感動と拍手に包まれました。


恵峰HN (2019年4月 6日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/965