上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

いわむら秋まつり【恵那市岩村町】

20191005iwamuraakimaturi.jpg
城下町の町並みを舞台に時代絵巻を繰り広げる「いわむら秋まつり」がきょう5日と、あす6日、恵那市岩村町の重要伝統的建造物群保存地区一帯で開催されます。
岩村城創築者源頼朝の重臣・加藤景廉(かげかど)を祭る八幡神社(武士の神)と、その子・景朝を祭る武並神社(町人の神)の祭り。
藩主松平乗寿(のりなが)が寛永8(1631)年、武並神社を壮大な社殿に建て替えたのを機に始まったとされています。
呼び物は、岐阜県重要無形民俗文化財に指定されている「神輿渡御行列」で、きょうは景朝を乗せたみこしが、古式ゆかしい衣装に身を包んだ人々と雅楽・打ばやしを従えて武並神社を出発。
総勢約300人の大行列が城下町を通って八幡神社へ向い、"父子対面"して一夜を過ごした後、あすは武並神社へ。両日とも午前10時45分ごろ木村邸前に到着します。
 

恵峰HN (2019年10月 5日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1035