上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

常盤座歌舞伎保存会定期公演 常盤座子ども歌舞伎教室発表会【中津川市】

20190316jyoubanza.jpg
31日午前11時30分から、中津川市高山に明治時代から続く芝居小屋・常盤座(市指定文化財)で「第25回 常盤座歌舞伎保存会定期公演 常盤座子ども歌舞伎教室発表会」が開かれます。入場無料。常盤座は、花道から回り舞台まで備えた本格的な農村舞台で、開設は明治24(1891)年。地歌舞伎は一時中断していましたが1976年、同施設の改修を機に復活。 子ども歌舞伎は、文化庁の伝統文化親子教室事業を受けて活動し、本年度も17人の小・中・高校生が参加。発表会に向けてけいこに励んできました。当日は、常盤座歌舞伎保存会(吉村孝志会長)が、「義経千本桜 吉野山道行の場」、昨年に続いて兵庫県神戸農村歌舞伎保存会が「歌舞伎十八番 勧進帳 神戸バージョン」を披露。常盤座子ども歌舞伎教室は「寿曽我対面 工藤館の場」「本朝廿四孝 十種香の場」の2題を上演します。

恵峰HN (2019年3月16日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/959