上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 2019年
  • 茅の宿でお江戸おひなさま会 からすみの振る舞いや限定「ひな御膳」五平餅を持った内裏雛がお出迎え【恵那市岩村】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

茅の宿でお江戸おひなさま会 からすみの振る舞いや限定「ひな御膳」五平餅を持った内裏雛がお出迎え【恵那市岩村】

20190316kayanoyado.jpg
31日午前10時?午後3時、農村景観日本一・恵那市岩村町富田地区のシンボル「茅の宿とみだ」で、「茅の宿でお江戸おひなさま会」が開かれます。入場無料。NPO法人「農村景観日本一を守る会」が運営する同施設は、120年前の茅葺古民家を再生した民宿。「いわむら城下町のひなまつり」に合わせて行われる同会には、地元の大地主・上田家に伝わる江戸時代の内裏雛を特別展示=写真上。入口では名物・五平餅を持った内裏雛が出迎えます。当日、来場者にからすみとお茶を振舞うほか、子供にはプレゼントを進呈。お雛様にお供えしたごちそうを再現した「ひな御膳」や五平餅、各種からすみ、コーヒー〈雛菓子付き〉などを販売します。問い合わせはTEL.0573-43-4021。

恵峰HN (2019年3月16日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/960