上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

創建125年のかしも明治座で、きょうから「明治座道具展」普段見られない貴重な約200点を大公開【加子母】

20190615meijizadouguten.jpg
創建125年を迎えたかしも明治座(中津川市加子母、県文化財)で、きょう15日から、第2回明治座アートトリエンナーレ「明治座道具展」が開かれます。7月7日まで。
同展では、普段、間近で見ることができない歌舞伎の大道具、小道具から昔の消火器や大工道具まで、明治座に関するあらゆる道具を大公開。顔出しパネルで記念写真を撮ることもできます。
会期中、▽地元の木を使ったバターナイフ作り(全日)▽スペシャルガイドツアー(15・16日、要予約)▽手ぬぐい染め体験(29日、要予約)などのワークショップ(有料)も開催。イベントを企画運営する地域おこし協力隊の洲崎由彩さんは、「役者になり切って写真撮影ができるチャンス。ぜひ、ご来場を」と呼び掛けています。詳細問い合わせ、申し込みは、かしも明治座へ。

恵峰HN (2019年6月15日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/994