上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

「若い力」の像の再生工事が完成し6月8日除幕式 同窓生の参加募る【坂本】

20190518nakatugawakougyou.jpg
半世紀以上にわたり、表玄関前で生徒を見守ってきた中津川工業高校(中津川市千旦林)のシンボル「若い力」の像の再生工事が完成。6月8日午前10時30分―11時15分、除幕式が行われます。
像は白御影石製で、高さ3.8㍍(台座を含む)、台座の一辺1㍍。昭和42(1967)年、同校に美術教諭として赴任した著名な芸術家竹内蘭山さんが制作し、昭和42年―44年の卒業生が寄贈。天を仰ぐ眼差と高く上げた右手は、向上と前進を象徴。左脇に人生の指針を表す製図紙とT定規を抱え、台座のレリーフには各科の実習風景が刻まれています。 
平成22年、同窓会とPTAが台座を修繕しましたが、像やレリーフは完成当時のままで劣化が進んだことから、創立75周年を迎えた今年、記念事業の一環として再生したものです。
総工費は390万円ほどで、同窓会員やPTA、美濃工業からの寄付金を充てますが、まだ50万円ほど不足しているのが現状。同校では除幕式への参加と同時に、「引き続き寄付をお願いしたい」と呼びかけています。問い合わせは?0573(68)2115中津川工業高校内・田口・仁平教諭。


恵峰HN (2019年5月18日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/983