上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

第112回ミニゼミ 沖縄戦で父を亡くした梶田さんが講演【中津川市】

20190817okinawasenizoku.jpg
沖縄戦で父を亡くした元教員の梶田鈴枝さん(78)=中津川市=が、25日午後1時30分から、同市中央公民館(本町)で講演します。
図書館くらぶ、同市立図書館協働企画の8月展示「戦争と平和&命と健康」連動ミニゼミで参加無料。
梶田さんの父・市川末一さん(当時39)は中津川で生まれ育ち、地元の郵便局に就職。結婚して二女をもうけ、幸せな市民生活を送っていました。しかし、長女の梶田さんが3歳の時、召集。呉、鹿屋を経て昭和19(1945)年8月に沖縄入り。翌20年6月13日、豊見城村で戦死したとされています。しかし、終戦後2年間は消息が分からず、遺骨も、遺品も、何一つ帰ってはきませんでした。
図書館内で行われている展示では、戦地の父が当時3歳だった梶田さんに宛てて書いたはがきや父の写真、亡父を思う梶田さんの作文が掲載された本などを公開=写真。
当日は「父と私の沖縄戦~平和の礎を通して沖縄を考える~」と題して講演する梶田さん。「遠く離れた山間にある中津川にも沖縄戦の犠牲者がいることを知り、沖縄の問題を考えてほしい」と話しています。

恵峰HN (2019年8月17日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1018