上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

恵那・中津川初の特許事務所が誕生【中津川市】

20190720totukyojimusyo.jpg
恵那・中津川初の特許事務所が、中津川市駒場に誕生しました。
特許事務所とは、弁理士が業として特許権、実用新案権、意匠権、商標権など、特許庁や経済産業大臣に対する手続を行うための業務等を行う事務所。弁理士または特許業務法人でなければ開設することができません。
このほど、中津川伊藤事務所を開いた伊藤恵子さんは、全国で千732人(2019.3現在)しかいない女性弁理士の1人。中津川市出身で、名工大を卒業後メーカーで開発を担当していましたが、結婚で退職。30歳の時、名古屋市内の特許事務所に再就職し、合格率5―10㌫の難関国家資格を取得しました。
これまで名古屋駅近くの特許事務所に勤務していましたが、両親が高齢になったこともあり、故郷に事務所を開設。金・土曜日のみ、中津川の事務所で業務にあたっています。
「近年、知的財産権を巡る問題が増加している」と伊藤さん。「相談は無料なので、特許権、実用新案権、意匠権、商標権に限らず、著作権等について気軽に相談してほしい」と話しています。

恵峰HN (2019年7月20日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1009