上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

「付知ばあちゃんち」【中津川市付知町】

20190921tukechibaacyan.jpg
「商人の母」の異名を持つ中津川市付知町在住の地域商店コンサルタント・山田文美さん(53)が、付知峡に近い築150年の古民家を改築し、田舎暮らしの魅力を発信する体験住宅(ゲストハウス)&カフェ「付知ばあちゃんち」をオープン=写真上。付知の水のおいしさをアピールする期間限定"水スウィーツ"が話題を集めています。
付知の老舗時計店に嫁いだ山田さんは、商いをする中で得た体験的ノウハウを「月刊商業界」「日経MJ」などの専門誌に寄稿。好評を得て全国で講演・セミナーを行うようになり、著書も多数出版してきました。
そうした中、「地域を元気にする」ことの原点に戻り付知の魅力を伝えようと、都市部から移住を考える人の体験宿泊施設を企画。同町優良材生産研究会の協力を得て空き家を改築し、自身と長女の香彩音(かさね)さん(26)を中心に、地域の女性たちで運営。全国から田舎暮らしに憧れる人々が訪れ、併設したカフェは地元の人々との接点になっています。
「運龍玉」(税込777円)は、「水がおいしい」という客の声をヒントに香彩音さんが開発。付知の水本来の味わいを生かし、従来にない食感の「生寒天」を完成。龍を象った寒天や地味噌入りクッキーなどを添えて"付知峡伝説"を表現し、「ことだま」のおみくじをつくって付けたところSNSなどで評判に。山田さんは、「『運龍玉』は今月いっぱいですが、第二弾を開発中。国有林の散策ツアーなども行っていますので、地元の方にこそぜひ」と利用を呼び掛けています。080(7000)9130。

恵峰HN (2019年9月21日 10:00)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1033