上へ

  • トップ
  • ピックアップ記事
  • 706号
  • 市民から寄付された鞄や制服を無償で提供する「新学期フェアー」恵那市ふれあいエコプラザで開催中【恵那市】
過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

市民から寄付された鞄や制服を無償で提供する「新学期フェアー」恵那市ふれあいエコプラザで開催中【恵那市】

20200307ecosingakki.jpg
恵那市長島町の3R推進施設「ふれあいエコプラザ」で、不用となった鞄や制服を無償で提供する「新学期フェアー」が開かれています。4月30日まで。
運営するNPO法人「市民エコ会議」が毎年この時期に行っているリユースイベント。市民から寄付されたランドセルや指定カバン、制服、ジャージ等を同施設研修室に展示。希望者に無料提供しています。
ジャンボランドセルを掲示してPRする担当者は「まだ使える愛用品は必要な方に提供し、再び活躍させてあげてほしい。多くの方に行き渡るよう譲り受けるのは1家族1セットで、希望の品がない場合もありますが、しばしばのぞいていただければ」と利用を呼び掛けています。


恵峰HN (2020年3月 6日 17:16)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1097