上へ

過去の恵峰HN
タグクラウド

ATOMを購読

本紙への投稿お待ちしてます。 恵峰ホームニュースが読めるのは、中日新聞だけ!

4歳の"天才メカニック"がネットで話題!父子で光るエンジン制作し人気【中津川市手賀野】

202007184sainotensai.jpg
熟練した手さばきでエンジンを組み立てているのは、中津川市手賀野の酒向(さこう)匠(たくみ)君(4つ)。オートバイの再生(レストア)を趣味とする父親の影響で整備に取り組んでわずか1年。小さな手で見事に工具を使いこなす動画が国内外で大人気。父子で制作する"光るエンジン"も話題になっています。
保育園児の匠君が最も長い時間を過ごす遊び場は、父親の和盛さんが経営する大型工業機械保全・メンテナンス会社・酒向工業の工場(茄子川)。
和盛さんは、事故で大けがを負って以来約20年間放置していたオートバイを、部品作りから始めて3年がかりで再生。それをきっかけに通常では困難な修理を頼まれるようになり、仕事が終わった後、夜遅くまで取り組んでいます。
匠君はそんな父親の姿を見ながら何時間でも一緒に過ごし、保育園に入ると、見様見真似でドライバーやスパナ、六角レンチなどの工具を使用。和盛さんが手ほどきすると、大喜びでエンジンなどを分解、清掃し、元通りに組み立てるようになったのです。
「少し古くなると買い替えざるを得ないのは、整備の技術が伝えられていないからだ」と考えていた和盛さんは、匠君に、自身の技と知識を伝授。 
レストアする姿をSNSやYouTubeに投稿すると、「匠君が組み立てたエンジンを搭載したい」と注文してくる人や、「将来が楽しみ」と海外から応援のメールを送ってくれる"ファン"がぞくぞく。
和盛さんが考案したLEDが光るスケルトンエンジンも話題となり、アクセス数は鰻上りですが、「エンジン音が何より苦手」な匠君。エンジンをかけるとたちまち逃げ出し、「オートバイには絶対乗らない」とすねるのも、ご愛敬。

恵峰HN (2020年7月17日 17:13)|| トラックバック(0)

※掲載内容は投稿日時現在の内容になります。ご注意ください。

カテゴリ:

トラックバック

トラックバックURL: http://www.keiho-news.com/mt/mt-tb.cgi/1168